麦門冬湯の副作用を調べると妊娠中は飲んじゃダメ?

妊娠

妊娠中って薬を飲むときに慎重になりますよねぇ。


やっぱり、子どもがおなかの中で育っている時期(臓器を作っている時期とか)に
薬の影響で何かがあったら心配ですし。


ただ、かぜを引いたときにそのまま放っておいて、


・ 咳のし過ぎが切迫流産につながったり
・ 肺炎など重たい症状になって母親が命の危険にさらされるのは怖いもの。


そこで、妊娠中でかぜになったら飲める薬を調べると
漢方が良いんじゃないかなーと思ったんです。


というわけで、今回は咳に効く麦門冬湯について調べてみましたよ。

[ad#ad-1]

麦門冬湯の副作用について調べてみると

副作用

説明書を読んでみると、安全性は確立していないので
治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与とありました。


この微妙な言い回し…。妊娠中に飲んでも良いけど
命が危険な緊急用じゃないと使えないの??と不思議に思ってしまった。


そこで、妊娠中の漢方医療を書いてるお医者さんの記事を読んでみると
麦門冬湯は妊娠中でも使える薬とありました。


つまり、問題なく飲めるようなので安心。


麦門冬湯と相性の良い症状は?


とくに、痰のからみと乾いた咳に良いという。


で、かぜからくる咳に使うのもありですが
喘息などアレルギーが原因の咳との相性が良いようですね。


妊娠中に飲んで良い他の漢方薬は?


かぜを引いたときに飲めるメジャーな漢方の中に
葛根湯が検索で出てきました。


ただ、麦門冬湯と違って短い期間飲むのは良くても長い期間飲むのはダメなよう。
というのも、麻黄が漢方に入っているからです。


麻黄は汗をかきやすくするので陽気を損ねると書かれていましたが
初めて聞く言葉で何のことやら?


と思ったので、陽気はどのように大切なのか調べてみると


・ 卵胞育てるとき(赤ちゃんのもとになるもの)
・ 子宮内膜を厚くするとき(赤ちゃんを育てるベッドのようなもの)
・ 排卵しやすくする(精子とくっつくことで赤ちゃんになりますね)など


妊娠をする上で欠かせないものなんだなと気づけます。
妊娠力を高めるには陽気が大切を参照。)

まとめ


漢方について安全性をいろいろ書きましたけど
自分の今の症状にはどの薬があっているのか
お医者さんか薬剤師さんに確認しておいた方が良いかも。


[ad#ad-3]