ジスロマック 副作用

ジスロマックを飲んでしみじみ思ったのが「2度と飲みたくない」ということ。もともと胃腸が弱く、かぜで調子が悪いときに飲むのは刺激的過ぎる薬でした。


ちなみに、副作用で苦しめられたのは同じジスロマックでも3日飲むタイプの錠剤ではなく1回で飲みきり終了のドライシロップの方です。


2種類のうちどっちが良い?とお医者さんから聞かれ、3日飲むなんてめんどくさい!1回で終わりの方が楽だわーと飛びついたのが間違いでした。


そのときの体験をメモに残しておこうかなと思います。

スポンサーリンク

ジスロマックドライシロップの副作用が出たときの回想



まず、おなかが空っぽのときに飲んでねと薬剤師さんから説明された時点で、普段より胃腸に刺激を与える薬だと気付くべきでした。


まぁ、咳がつらかったから早く良くなりたいという気持ちが上回ったのは仕方ないような気がしますけど。で、粉っぽくてまずーい薬を一気飲みした30分後。


う、胃が重い。いやな予感がする。→ 気持ち悪い、胸やけが…。→ おなかがグルグルなって痛い!とうずくまり。→ トイレに駆け込んで下痢という流れ。


いつもおなかの調子が悪くなるとたいていこの流れなので、ある程度すれば落ち着くだろうと思っていたのですが。


胸やけと吐き気は収まらず、常備してある胃薬を飲んだもののいまいち。食欲がわくはずもなく、明日になっても調子が悪かったら病院へ行こうと決めました。


次の日になってもいまいち調子が悪いのでお医者さんに相談したところ、お薬(ビオフェルミンRとかいう整腸剤。)を追加されました。


どれどれと飲んでみると、おなかが徐々にすっきりしてきた。整腸剤ってすごいなーと感心したのと同時に、初めから出してもらえばこんなに苦しまずに済んだのに…と後悔。


今度から、胃腸弱いので整腸剤を出して下さい。とお願いしようと固く決心した瞬間でした。


※追記

そういえば、病院にかからず市販薬で対策できないものか?と思って調べたところ、強ミヤリサン錠ビオスリーHi錠が良いと分かったので、下痢で調子が悪い人は試したら良いかも。


ビオフェルミンSも整腸剤として有名ですが、ジスロマックの効果が強すぎて効き目が弱いみたいです。飲まないよりはましといった感じでしょうか。


まとめ


ちなみに、わたしが体験した副作用ってどれくらいの確率か説明書を読むと臨床試験の結果ではありますが、


・ ドライシロップの場合、下痢は16.4%、吐き気は4%、腹痛は3.1%
・ 錠剤の場合、下痢0.91%、吐き気0.4%、腹痛0.19%


ドライシロップの方が副作用が起きやすいではありませんか!逆に、錠剤の方が副作用が起きにくいんですね。


実際に錠剤も飲んだことあるんですけど、おなかの調子が大丈夫だった経験を生かして今度から3日ガマンして飲む方が良いかな…。


スポンサーリンク

関連記事