リンデロン

毎年必ず花粉症になってからというもの20年…。よく起こる症状はくしゃみ・鼻水・鼻詰まりですが、メインの症状は毎年違うことが多いです。


例えば、咳がメインだったり。あとは、目が異常に痒いのがメインだったり。その年によって若干違うので、ドキドキしながら花粉症の時期を迎えます。


で、たしか4,5年前に目の痒みが辛すぎて、使ったのがリンデロン点眼液でした。


1回さしただけで目の痒みが止まるすんごい薬!でしたが、何回か使っていておや?と思った副作用があったので、メモとして残しておこうかと。

スポンサーリンク

リンデロン点眼液を体験して思ったこと

副作用

目の痒みにばっちり効くかわり?なのか分かりませんが、さした瞬間に目がしみる…。そして、目が重い症状が出ました。


しみるのは、痒すぎて目をこすったせいだから、キズができているところにさせばしみるだろうなーくらいに思っていました。


しかし、目が重い(圧迫される感じ)は今まで経験したことがなくてビックリ。


一体何が起きているんだろう?目が見えなくなるんだろうか?と怖くなったので調べてみたところ、眼圧が一時的に上がる症状に似ているような…。


ただし説明書を読んでも、眼圧が上がるのは連用により数週間後からと書かれています。


なので、たった数回しか使わないで目が重くなる私のようなタイプは、副作用にあてはまるのか分からなくなってしまいました。


って、素人なりにごちゃごちゃ考えても答えが出ないんで、目薬をやめて重い感じがなくなるのであれば、副作用なんじゃないかって勝手に思うことにしました。


そう思わないと、目の痒みがピタッと止まるメリットから頼りたくなりますし。


まとめ


結局、きちんとした理由が分からず。あれ以来、リンデロン点眼液は使っていません。


眼圧が上がる副作用の確率は、0.1%未満ととっても少ないのになぁ。ただ、母が緑内障なので将来わたしもなるんじゃないかと心配してます。


スポンサーリンク