ハイチオールC 飲み方

ハイチオールCが二日酔い予防に良いらしいのは知っていたんです。


ですが、具体的にどんな感じで効果があるのか?いまいち分からなかったので調べると、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを無害にするL‐システインという成分が入っているのだとか。


ただシリーズ化しているため、ホワイティア、プラス、プルミエールのうち、どれが1番効果があるのか気になりました。


また、二日酔い予防の効果がきちんと出る飲み方を知りたかったのでまとめることに。

スポンサーリンク

ハイチオールCは3種類あるけれど、どれが1番良いのか?



結論から言うと、1番良いなーと思ったのがホワイティアです。



どういう理由で選んだのか2つのポイントから見ていきますと。


ポイント1 1日に飲む回数が少ない。


1日に何回も飲まないと効果が出ないタイプだったら、正直めんどくさいな…と思いますし、気分が萎えます。


なので、なるべく少ない回数で済むタイプを選ぶと1日2回飲むホワイティアとプルミエールですね。


もう1つのプラスは1日3回飲まないといけないらしく、わたしだったら無理だなーと思ったので除外しました。


ポイント2 成分が多い方を選ぶ。


で、次に1日2回飲むホワイティアとプルミエールのうち、どちらが二日酔いを予防をしてくれるL‐システインが多いのか比べると同じ量でした。値段も120錠だと4860円(税込み)で同じです。←定価のお値段です。


うーん、あとは二日酔いに直接関係ないけれどお肌の再生に役立つ、ビタミンCとパントテン酸カルシウムが多いホワイティアがトータルの情報から1番良いかなと。


やっぱり、お肌が曲がり角のアラサー女子には大事なポイントですし。


では、ハイチオールCホワイティアの効果的な飲み方を


飲み方は1日2回1回2錠ずつ飲んでね。と説明書に書かれているので、昼食のときに2錠飲んでおいて、6~8時間たったら(飲み会が終わる時間に)さらに2錠飲むと良いのでは。


このときの注意点は胃が弱い人の場合、おなかが空っぽの状態(何か食べたり飲んだりしていない)と負担がかかるそうなので、食べた後の方が良いでしょう。


実際、副作用を読んで見ると気持ち悪くなったり下痢になるなど、おなかの調子が悪くなると書かれていましたし。


それからわたしも気になっていたことで、決められた量よりたくさん飲めば二日酔い予防にすっごく良い?と思っていたのですが。


一定の量を超えると、体がそんなにいらんと(尿から)外に出してしまうので、期待しているほど効果が高くなるってことはなさそうです。残念…。


スポンサーリンク