ディレグラ

年々ひどくなる花粉症をどうにかしたいと思い、いくつかアレルギー薬を試した中の1つにディレグラ配合錠があります。


この薬って、花粉症の症状(とくに鼻水・くしゃみ・鼻づまり)を和らげてくれる2つの成分が1錠に入ってるから、効き目が良さそう!と期待して飲んだ薬でした。


しかし、残念ながら出てしまった副作用。そのときの体験をメモしておこうと思います。


スポンサーリンク

ディレグラを飲んで起きた副作用の回想をすると

副作用

ディレグラを初めて飲んだ日の夜、ほとんど眠れなかったんです。眠れたのは2~3時間くらいだったかなと記憶しています。


ふつう寝る前って、リラックスして体から力が抜けるはずなんですが、気持ちが高揚(こうよう)というか興奮してしまい、布団に入っても眠気が出ない…。


カフェインを多く取りすぎたときに眠れなくて困った状況と似ているなーと思いました。


しかも、やっと眠れたと思ったら姿が見えない「何か」に暗闇の中を追いかけられるという恐怖の悪夢が。


アレルギー薬の副作用といえば、眠気が出るイメージだったのに(ザイザルアレジオンで体験してます。)まさか不眠、しかも悪夢というダブルの体験をすることになるなんて困りました。


そして翌朝、興奮状態が続いたままいつもより高いテンションで仕事をしました。


ディレグラの副作用を調べてみると


今までにない体験で怖くなったので、すぐに飲むのはやめてネットで検索。説明書より、副作用の中に不眠と悪夢はあるんだろうか?と調べてみたところありました


ただし、確率は頻度不明。海外で認められている副作用のデータだからと書かれていました。


日本人には不眠や悪夢の副作用データが少ない?という意味なのか、よく分からないのですが。


まとめ


結局1回しか飲んでいないので、副作用なのかたまたま体調が悪くて起きたことなのか正直分かりません。


副作用と決めつけるには何回か試してみてからじゃないと…とは思っても、また同じ体験をしたら嫌なので、それ以来飲めずにいます。


まぁ今はアレグラを飲めば症状がどうにか抑えられているので、無理に飲まなくて良いかなと思っています。


スポンサーリンク