女性ホルモン 臭い

アラサーになってから徐々に臭いが気になり始めています。


おそらく女性なら誰しも避けて通れないホルモンが原因にあるんでしょうねぇ。
年齢が上がれば上がるほど、「加齢臭」と呼ばれるものに悩まされる…。


わたし自身、頭皮と脇、尿の臭いが以前と比べておや?と思う瞬間があります。
そのため、早めの対策は大切だと感じたので方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

頭皮の臭いが気になるときの対策方法


頭皮はもともと皮脂が多い場所で
さらに年齢が上がってくると臭いがきつくなりやすい特徴があります。


だったら、しっかり洗わないと!と思いがちですが
洗いすぎが原因で皮脂がますます出やすくなり、臭いがきつくなる…といった
悪循環にはまってしまうことがあるのだとか。


なので、あまり洗いすぎないように最低限皮脂を残しておく洗い方が大切。
2つの対策ポイントを押さえておきましょう。


対策の1つめは、シャンプーの選び方。


頭皮への刺激が強くない、低刺激・無香料のタイプを使います。


最近、お肌が弱い人のための薬用シャンプーは種類がいろいろあって豊富なので
自分と相性が良い商品を試してみたら良いのでは。


ちなみに、わたしが使っているシャンプーはノブ↓です。
洗い終わった後に頭皮のギシギシした感じがないのでお気に入りです。



対策の2つめは、洗い方。


シャンプーは2日に1回程度で十分、皮脂の汚れを落とすことができます。
毎日しっかり洗うと最低限必要な皮脂まで落ちてしまい、臭いの原因になります。


なのでシャンプーを使わない日には、ぬるま湯で洗い流す感じで良いんです。


脇汗が気になるときの対策方法


ちょっと汗をかいただけで、臭いがすごーく気になる場所です。


自分って臭いな…と周りに確認しても
「そんなことないよ。」と気を使わせる発言しかできず「臭い。」とは言いづらいので困ります。


そこで対策方法なんですが、重曹↓を使います。



重曹って、本当に便利だなーと思います。


洗剤のように食器についた汚れを落とすことができますし
脱臭効果があるので、魚とか肉など食品の臭いを和らげるときに使われていたり。


また、口に入っても安全なので歯磨き粉やうがいにも使われています。
実はいろいろな商品にこっそり使われているほどメジャーなもの。


というわけで使い方なんですが

・ 重曹をひと掴み、お風呂に入れるだけ
 あとはいつも通りお風呂につかります。

・ あとは、汗をかく前に水100ミリリットルに対し重曹小さじ1杯を入れて混ぜておき、脇に塗っておくのも良いでしょう。


尿の臭いが気になるときの対策方法


方法としては、「体の中」からと「体の外」から臭いの原因になるものを
どうにかして和らげるのが大切でしょうね。


対策の1つめは、食生活がポイント。


体の中から臭いの原因を予防するなら、食生活は大切。


とくに女性ホルモンを整えるなら、大豆食品をしっかりとった方が良いです。
例えば、納豆、豆腐、豆乳とか。



後は、ビタミン系も大事です。
ビタミンCならイチゴや柑橘系のフルーツ。キウイフルーツも良いですし
野菜ならブロッコリー、ほうれん草、トマトなんかも。


ビタミンEで手軽に毎日とるなら玄米。鮭やサンマも食卓に取り入れやすいですね。
カテキンは、緑茶に入っているのでこれも良いなぁと思います。


対策の2つめは、洗い方。


つまり、デリケートゾーンをどうやって洗うかってことなんですが。
この部分に関してはボディソープを使ってゴシゴシ洗うのはやめましょう。


頭皮の洗い方と同じ考え方で、洗いすぎになってしまいます。
菌が繁殖しやすくなり、臭いがよけいに強くなるかもしれないので。


軽くお湯をかけるだけにしておいた方が良いです。


まとめ


即効性がある方法ではないので、毎日コツコツと予防するのが1番というわけです。


スポンサーリンク