ごまは体にいいという話は、昔からよく聞いていました。



絶世の美女である、クレオパトラや楊貴妃
日本でいえば、平安時代の貴族女性まで
ごまを食べていたと言われています。



そんな話を聞くと、ごまは健康・美容にいい食べ物なのだと
歴史から知ることができます。



ずいぶん昔から人にとって、馴染みがあるんですね。



●●●●



それにしても、ごまの種類ってたくさんありますよね。



スーパーに行って見てみると
白、黒、金色のごまがあります。



見た目が違うけど、どれが一番体にいいのだろうとか
カロリーはどうなんだろうとか、思ったりしませんか。



ごまって、味や香りに違いがありますが
栄養や成分には、それほど大きな違いがありません。



ごまの種類ごとに、特徴をみてみると


白ごま

●味→甘味がある

●香り→香ばしいが、それほど強くない

●料理全般に使われやすい



黒ごま

●香り→強め

●種皮の割合が多く、カルシウム・マンガンが多く含まれている

●せんべいなどの菓子類に使われやすい



金ごま

●香り→強い

●ごま油として使われる高価なもの



ちなみにカロリーは100gあたり、約600kcalです。



1日1回5-10g、大さじ半分ー1杯ほど
毎日とるのが理想です。



しかし毎日が無理であれば、週に2回は食べたいところ。



●●●●●●



ごまといえば、セサミンとよくコマーシャルで聞きます。



そしてセサミンといえば、抗酸化作用が有名です。



普段わたしたちが呼吸をすることで取り込む、酸素。



その酸素の中に、活性酸素と呼ばれるものがあり
体にたくさんたまり過ぎると、病気や老化の原因になってしまいます。



年を取ったり、ストレスによって
体にたまり過ぎてしまう活性酸素。



ごまを食べることで
病気を予防し、老化を抑えることができるのです。



●●●●●●



食べて体にいいものは、体に塗ってもいいもの。



●手荒れの防止用に。


ハンドクリームの代わりとして
手に塗ることで乾燥を防げます。



●髪につけることでトリートメント用に。


つや出しとして
つばき油と同じ目的で使うことができます。



●赤ちゃんのベビーオイル用に。


誤ってなめてしまっても
食品なので問題ないところが魅力的です。



いずれの場合にも、においのきつくない
純白ごま油を使うといいでしょう。



その他に、花粉症予防に鼻の穴にぬる方法や
ごま油でうがいをする方法あります。



それについては、使用方法があるので
確認したほうがよいでしょう。



●●●●●●



さすが、ごまと言うべきか。



人に親しまれてから長い歴史をもつごまは
奥が深いことを知りました。