アスベリン

小さい子に出されるかぜ薬の1つに、アスベリンシロップ(散)がありますね。甥っ子、姪っ子がかぜを引いて辛そうなときに飲んでいるのを見て、早く元気になれば良いなーと思った記憶があります。


と同時に、小さい子に飲ませる薬だからこそなのか自分が薬を飲む時以上にどんな特徴があるのか気になります。例えば、副作用とか。


咳を鎮めるアスベリンを検索したとき、意外によく寝るという意見があります。というか、心配になるほどグーグー寝ると書かれていたのが気になりました。


かぜを引いているときにたくさん寝た方が早く治るから良いのでは?と思う気持ちはありつつ、副作用的なもので眠気が起きているのは心配…なので調べることに。


アスベリンシロップ、散は眠くなる?


説明書の副作用に、眠気があるか確認したところ書かれていました0.1~5%とアバウトな確率でしたけど。う~ん、けっこう低めの確率なんですねぇ。


ちなみに2歳の甥っ子がかぜを引いたときに、アスベリン入りシロップを飲みましたがピンピンしていました。とくに眠気なし。


そんな副作用あります?と不思議に思ったくらいです。ほんと、薬には個人差があるんだなーとしみじみ。


むしろ、いつも保育所でアクティブに動き回っているせいか家の中でゆっくり休めるなんてことはなく、ずっとイライラして大暴れしていましたよ…。


ぐずって大泣き。その後、熱が上がるのを見てしまうと少しくらい眠気があっても良いんじゃないかとこっそり思ってしまった。


まぁ、日中あまりにもフラフラして転んだら危ないなと心配するなら、お医者さんに相談するのが1番良いのでしょうが。


スポンサーリンク