飲み合わせ

かぜを引くとのどから調子が悪くなることが多くて、痛くなったり咳が出たりします。


そういうときに病院で出してもらうのがフスコデ。咳が出たときに飲む薬です。


そこそこ効き目があり、空気が冷える夜間の寝る前とか寝ているときには咳が止まるから、きちんと眠れるので助かります。


そんなお薬との飲み合わせを説明書を見たり自分で飲んでみた経験からまとめることにしました。

スポンサーリンク

今まで飲んできたフスコデとの飲み合わせをチェック。

分類

フスコデと抗生剤の場合。


まずかぜを引いたときによくある組み合わせと言えばフスコデとクラリス


あと耳鼻科にかかったときに出してもらったフスコデとメイアクト。こちらの組み合わせは大丈夫みたいですね。


実際に飲んだことがあるので今更ダメだったと言われても困りますが、説明書にも一緒に飲んではダメと書かれていませんでした。


かぜ薬セットとして一緒に出されることがあった薬。


セットで飲むかぜ薬は、痰のからみに効くムコダイン(カルボシステイン)とフスコデ。それからフスコデとトランサミン(のどの痛みに効く薬)も一緒に飲んで良いようです。


あとは熱が出たときや頭痛が辛いときに出してもらった、フスコデとカロナール。それからロキソニンとフスコデの組み合わせもありました。


どういう基準でカロナールとロキソニンを使い分けているのやら、わたしには分かりませんが。(2つとも効き目が同じですよね…。)


こちらも一緒に飲んだことがあります。大丈夫なのでしょう。


しかし問題なのはここからで、plというかぜの色々な症状に効く薬とフスコデは、一緒に飲んだら眠くなってしまいました。


別々に飲んでいたときは大丈夫だったのに、一緒に飲むとぼんやり、うっすらと眠くなるという。


どちらも眠気が出るかもしれない。と事前に説明は受けていたから、仕方がないといえば仕方がない。


しかし昼間の仕事中にぼんやりするのはマズイので、ちょっと困った記憶があります。


アレルギー薬と飲み合わせは。


花粉症の時期になるとアレルギー薬を飲む期間が長いので、飲み合わせが不安になります。眠気が出やすくなるんじゃないかと思うんですよねぇ。


今回飲んだことがあるアレルギー薬のうち、アレグラ、ザイザル、キプレスにも個人差があるとはいえ、副作用に眠気のことが書かれていますし。


しかし実際に飲んでみて、アレグラとフスコデ、キプレスとフスコデのパターンは気になりませんでした。わたしは大丈夫な体質みたい。


逆にザイザルとフスコデはダメでした。不眠傾向なわたしであっても熟睡できてしまいます。昼間も眠くて眠くてぼんやりしてしまうレベル。


まとめ


自分に合う合わないの薬は把握しておかないと、いざというときに同じ組み合わせが出たら困るのでメモを兼て書いております。


スポンサーリンク

関連記事