レオピンファイブ、レオピンファイブneoの副作用

レオピン

もともと胃腸が弱くて疲れやすいなぁと思うことが多く、アラサーに突入してからというもの、さらに疲れやすくなってきました。


このまま年を重ねたら、もっと疲れやすくなってしまい、やりたいことを満足にできないのでは?と不安に感じます。


そこで体の健康を考えるわけですが、「食事」基本で気をつけようと思っても十分に取れなくてサプリメントのような手軽に取れるタイプが欲しい!と思うようになりました。


気になったのが、レオピンファイブとレオピンファイブneoという滋養強壮薬


・ レオピンファイブ↓


・ レオピンファイブneo↓


こちらサプリメントかと思っていたら、第3類医薬品と書かれていたので分類は薬なんですね。


名前から察するに、neoとついている方がなんだか強力に効きそうなイメージですけど、実際のところ2つの違いを見たら。


・ 共通しているのが、ニンニク、ニンジン、ゴオウ、ビタミンB6が入っている。
・ neoの場合、さらにシベット、ニコチン酸アミドも入っています。


体力がない人に、これでもかとこれでもかと元気になる成分を入れているのを見ると、これは本当に体が元気になりそうだ…!と思えますねぇ。


楽天の口コミを読んでみると、比較的元気になった人が多い印象も見られます。では逆に、デメリットというか副作用的なものはあるのか?調べてまとめることに。

[ad#ad-1]

レオピンファイブ、レオピンファイブneoの副作用は?

副作用

こういう場合、いつも通り説明書を読むのが薬を知る1番の手がかりなので、見たら書かれていました。


・ お肌に出てくるパターン:体のブツブツ・赤く腫れる、かゆみ
・ 胃腸に出てくるパターン:胃の不快感、下痢


よく売られている薬の説明書を読むと、けっこう色々な副作用が書かれているけれど、レオピンファイブ、レオピンファイブneoは少なめですね。


ただ、この薬と似た系統のキヨーレオピンを飲んだ経験があるわたしとしては心配。気持ち悪くなるし、下痢をしたことがあったからです。


けれど冷静に思い返してみたとき、もしかしたら臭いがダメだったのも原因の1つかもしれない。


カプセルに液を入れて蓋をし飲みこむと、胃で溶けて臭いがむわっと上がってくるのが気になっていたんです。臭くて、気持ち悪くなることもあるでしょうし。


となると、錠剤タイプ↓にすれば解決できるのでは?と思い始めました。


こちらに変えてもダメなら、完全に体が拒絶しているのかもしれませんねぇ。


[ad#ad-3]