お中元・お歳暮の時期とマナーのまとめ

お中元 お歳暮

お中元とお歳暮の時期とマナーなんて
学生時代は全然気にしていなかったけれど


社会人になってからけっこう大事なんだよなぁと気づき
何を贈ろうか?と頭を悩ませることが多くなりました。


やっぱり、お世話になった人たちには
ありがとうございますという気持ちを贈り物に込めて
目に見える形で渡すのは大事だと思うわけです。


まぁ、そんな風に考えていたときにふと
そういえば、お中元とお歳暮について
どれだけ知っているんだろうかと気になったので。


時期とマナーについてまとめることにしましたよ。

[ad#ad-1]

お中元とお歳暮を贈る時期は

時期

まずお中元の時期は、7月の初めから15日ごろまで
お歳暮の場合だと、12月の初めから20日ごろまで。


じゃあ、この時期に贈れば良いのかと思いきや
気を利かせた大人の場合


・ お中元は6月下旬
・ お歳暮は11月下旬


あえて、時期をずらして少し早めに贈ることがあるのだとか。


というのも、同じ時期に贈り物が一気にくると
だれから何をもらったのか混乱する原因を避けるためという。


お中元とお歳暮のマナー

渡す方法のマナー


本来は、相手のお宅にもっていくのが正式ですけど
相手側が家にいる時間にうかがうってなると
かえって負担をかけてしまうことになるので


最近では、宅急便で贈るのが一般的。


で、宅急便で贈るときには
手紙やカードに一言そえる方が礼儀かと思うので
そのあたりに注意した方が良いかと。


お中元とお歳暮の優先順位がある


お歳暮は、お中元よりも大切(優先順位が高い)だと
知っておくと良いです。


なので、


・ お歳暮には、お中元より安いものは贈らないようにするのと
・ お歳暮だけを贈るのはオッケーだけれど、お中元だけ贈るっていうのはダメ。


おまけ


最後に、疎遠になっているから贈り物をやめたいと思ったとき
失礼のないやめ方があるのでメモとして残しておきます。


いきなり贈り物を止めてしまうのはダメなので
徐々に減らしていく方法をとるのがベスト。


・ まったく交流がなくなってからも、お中元・お歳暮を3年は贈り続け
・ お中元をやめて、お歳暮だけを2~3年続けた後
・ お歳暮もやめて、年賀状などのあいさつを続けるという方法です。


かなりていねいな対応をしているので、けっこうおすすめ。


[ad#ad-3]