ビオフェルミンS錠剤の飲み方~用量をチェック~



市販のビオフェルミンSを飲み始めたからというもの、1週間ほど経過しました。


説明書を読むと、遅くとも1週間程度で腸内バランスが整い始めるようで、そろそろ効果が感じられても良いと思うのですが、いまいちわかっていない状態です。


というのも仕事が終わり、年末年始のお休みの時期に入ったため、ゆっくり休んでしっかり食事をとれているから調子が良いのか?


それともビオフェルミンSのお陰なのか…?を判断するのが、難しいなーと思うんです。


けれど、せっかくなので飲みきろうと毎日せっせと飲んでいるところです。



さて、そんなビオフェルミンSを飲む上で飲み方をしっかり守るのは非常に大切だよなーと思っています。


作っている会社さんが色々試験して、この回数で、この量なら安全に効き目があるだろうと作っているはずなので。


きちんと効き目を出したいと考えているわたしも、お勉強のためにメモしておきます。

[ad#ad-1]

ビオフェルミンSの飲み方。



飲む間隔は。

1日3回毎食後。ご飯を食べた後の方が胃酸の影響を受けにくいので、しっかり菌が生きて腸に届きやすいとあります。


つまり効き目が良いというわけですね。


1回何錠飲む?

年齢によって数が違います。


15歳以上であれば大人量を飲むことができるため、1回3錠ずつです。となると1日量は9錠飲みます。


サイズが小さいからそれほど気にならなかったけれど、数字を目で見るとけっこう飲む量が多く見えますね。


で、5~14歳であれば1回に2錠とあります。なので、1日6錠飲むことになります。


ちなみに5歳未満はのどに錠剤が引っかかる可能性があるため、飲んじゃダメ。と書かれていました。


もし飲ませてあげたいなーと大人が判断した場合、粉タイプの細粒↓を飲ませることになります。



3か月~4歳には添付されている、さじ1杯分がちょうど良い量なのだとか。


まとめ


というわけで、アラサーのわたしは1日3回毎食後に1回3錠ずつ(1日9錠)飲めば良いと分かりました。


しかし、そろそろおなかの調子が落ち着いてきたから止めても良いような気がします。どうしようかな…と悩んでいるうちに飲み終わりそうな気がする今日この頃。


[ad#ad-3]