ビタミンB12が入っているメチコバール錠500μgは、神経からくるしびれやめまいに効果があると言われています。


数ある薬の中で効き目はどちらかというと緩やかで、効果があるのか?と聞くこともあるほどです。


とは言え、薬であればセットでついてくるのが副作用です。効き目は緩やかだけど、副作用は実際にあるのか?


ビタミンB12は水溶性ビタミンというカテゴリーにあるから、体の中に一定以上入った場合、過剰な分は出ていくと思っていたけれど。


そう考えると副作用はないんじゃないかしら?と不思議に思いつつ、調べてみました。

スポンサーリンク

メチコバール錠500μgの副作用はあるの?



説明書を読んでみると書かれていました…。そうか、ないと思っていたんですけど副作用はあるんですね。


まず胃腸関係の副作用から確認していくと、0.1~5%未満で食欲が落ちたり、気持ち悪くなったり(吐き気)、(腹痛を伴う)下痢とあります。


他、0.1%未満で発疹というのもあります。


あとは、説明書よりさらに詳しい情報がのっているインタビューフォームという資料に臨床検査の段階で、頭痛(確率0.02%)、顔のむくみ(確率0.01%)と書かれていました。


なるほど。副作用はあるにはありますけど、ものすごい確率が低いってことは読んでいて分かりました。


メチコバール500μgの副作用に肌荒れがある?


説明書に書かれていませんでした。ということは、副作用レベルではないってことなのかな?


ただし発疹のことを肌荒れと言いますか、ニキビのような赤いブツブツができてしまうのだと考えれば辻褄はあうと思いますが。


まとめ


現時点では、ビタミンB12を過剰にとりすぎても有害事象はみられない。と言われている意見が多いんですよね。


しかし、今後肌荒れの報告が色々な場所から増えてきたり、研究によって副作用として発見されれば、追加されることもあるみたいな感じです。


実際、過剰にとりすぎると肌荒れに影響する…なんて研究発表をしているところもあるようですし、謎ですよねー。


ただなぁ、薬の副作用を心配して情報を集めたのがかえってストレスになり、副作用に似た症状が現れる人もいる…なんて話を聞くと、本当に副作用になっているのか悩むところです。


飲むのを止めて治ってきたのなら副作用かもしれないし、ストレスが落ち着いて症状が落ち着いたのかもしれないと考えることもできます。


そう考えたら、自分で悩むよりも専門知識をもっているお医者さんに相談した方が早く解決しそう。


スポンサーリンク