ここ数年、胃の調子が落ち着いており、病院でお薬を出してもらう機会は減りましたけど、20代の頃はとてもお世話になっていたんです。


そのときによく飲んでいたのが、ムコスタ錠100mgです。(ジェネリック医薬品だとレバミピド錠という名前。)


少しストレスを感じて胃が痛くなったとき、いつもよりあぶらっこいものや味の濃いものを食べると胃の調子が悪くなったときに、こっそりと飲んだものです。


胃酸から胃を守ってくれる成分が入っており、比較的優しめのお薬なので使い勝手が良いなと思っています。


そんなムコスタ錠100mgの市販薬は売られていたら良いなーと、ふと思ったので調べてみました。


もし売られていなければ似た市販薬はあるのか、あわせて確認してみます。

スポンサーリンク

ムコスタ錠100mgに似た市販薬。



残念ながら、同じ成分レバミピドの市販薬は売られていないようです。


少し意外に感じました…。胃薬でムコスタ錠よりも強そうなイメージの↓ガスター10はすでに発売されているのに、どうしてなんでしょう?




となると、いざというときには胃酸をおさえるガスター10に頼るべきか。


それとも胃の粘膜を保護してくれるレバミピドとは成分が違うけれど、似たタイプを選ぶべきか考えたとき、とりあえず似たタイプの↓セルベール整胃錠を使ってみようと思いました。




使う回数・量は、1日3回1回1錠ずつ(15歳以上)とあるのでムコスタ錠とほとんど同じ飲み方です。


たいてい市販薬になったとき、1回に飲む量が多くなるパターンを心配しましたが、意外と少なく済むところは助かります。


錠剤じゃなくて粉が良いなら、粉のタイプもあるので好みに合わせて選べますし。


スポンサーリンク

関連記事