アフタヌーンティーのマナーは、歴史を知るところから始める

お茶って、おいしいですよね。



わたしは、紅茶、緑茶、ウーロン茶
お茶全般が大好きです。



これらのお茶が、実は同じお茶の木の
葉からできていると知ったら驚くでしょうか。



発酵の違いによって香り・味が違ってくるんです。



発酵の違いを詳しく見てみると


紅茶→お茶の葉を完全に発酵させたもの(完全発酵)


緑茶→発酵を止めたもの(不発発酵)


ウーロン茶→紅茶と緑茶の中間くらいに発酵をさせたもの(半分発酵)



つまり、発酵させればさせるほど
お茶の葉は茶色になっていくので
紅茶は茶色なんだなぁということがわかります。



●●●●



さて、プチ情報を知ったところで
好きな紅茶を楽しみつつ、女子会が楽しめる
アフタヌーンティーについて知っていきましょう。



アフタヌーンティーの習慣は
イギリスの上流階級から始まりました。



もとをたどれば、日本の茶道をお手本にして
広まったともいわれています。



一見すると、日本とまったく違うように
思われるかもしれません。



しかし共通したところもあり
身近に感じられるところもあるんですよ。



そんな紅茶の国、イギリスでは
1日に7回も(!)ティータイムがあります。



●アーリーモーニングティー→6時ごろ
朝の目覚めにベッドサイドで飲む


●ブレックファーストティー→8時ごろ
朝食と一緒にミルクのたっぷり入った紅茶を飲む


●イレブンジズ→11時ごろ
朝の仕事後、リフレッシュするために飲む


●ミッドデイティー→15時ごろ
気分転換のために飲む


アフタヌーンティー→16時ごろ
休日や特別な日におこなう、お茶会


●ハイティー→18時ごろ
軽い夕食とともに、紅茶を飲む


●アフターディナーティー→21時ごろ
夕食のあとに、紅茶を飲む



紅茶の中にカフェインが入っているのに
こんなにたくさん飲んで大丈夫なんでしょうか。



カフェインをとりすぎると夜眠れなくなるんじゃ…?と
こっそり思いましたが余談ですね。



●●●



さて、アフタヌーンティーはお茶会というだけあって
マナーがあるので知っておくと便利です。



まず知っておきたいのが
ホットウォーターについて。



ポットの中にお湯だけ入っているものがあります。



何に使うのかと言うと
紅茶の濃さを調節するために使います。



ポットにずっと茶葉がはいっている状態だと
渋くなってしまいます。



なので、お湯を使って好みの濃さに調節できるよう
用意されています。



カップにお湯を入れて濃さを調節するのが
マナーになります。



ポットには入れないようにしてください。



●●●



続いては3段スタンドは食べる順番について。



3段スタンドを見たときに
好きなものから食べたくなりますが
順番がありますので、注意を。



順番は、コース料理をイメージすると
分かりやすいかもしれません。



しょっぱい、塩気の多いものを食べてから
甘いものを食べます。



なので

サンドイッチ→焼き菓子(スコーン)→甘いお菓子(プチケーキ)

の順番になります。



下の段から順番に食べるよう、説明される方もいます。



しかし、お店によって見た目の美しさを
重視した並べ方になっている場合があります。



順番が、バラバラになっていることがあるのです。



●●●



また、たくさんのお友達と楽しむ場合
スタンドに直接手を伸ばさず、プレートをはずして
自分の分を、とりわけてからいただきます。



左から順番に、左手ではさんでとりましょう。



なぜかというと
ティーカップをもつ手は、右手だからです。



同じ手で食べものをもつと
油などでべたべたしてしまいます。



カップがすべりやすくなり
こぼしてしまう可能性も考えられます。



●●●



マナーは周りを不快にさせない心遣いです。



知ってるか、知らないかだけの違い。



知っている方が、得ですね。





↑アフタヌーンティーを楽しむホテルはこちらから検索