シナール配合錠と同じ成分の市販薬は



春になって突然ニキビが出来てしまいました…。慌てて皮膚科にかかったところ、いくつかお薬を処方してもらいました。


そのうちの1つにビタミンC入りのシナール配合錠があります。ニキビ跡の色素沈着がひどくならないように出して下さったようです。


現在1日3錠1回1錠ずつ毎食後に飲む方法で14日分飲んで様子を見ているところ。


治療方法としてビタミンCを使って美白や色素沈着の回復を目指す場合、1日1000~2000mgをとった方が良いと言われています。


が、シナール配合錠は1錠あたりアスコルビン酸(ビタミンC)が200mg入っているので、それを1日3回飲んでいるわけだから600mgなんですよね。


思ったよりも少なめですが、他にビタミンBやら塗り薬も一緒に出されているのでこんなもんで十分なのかしら。


早く良くなると良いなーと思いつつ、処方でしかもらえないシナール配合錠の市販薬はあるのか調べてみました。


すると、同じ成分でシナールEXチュアブル、シナールEX顆粒、シナールLホワイト、シナールLホワイト2の4種類が検索で引っかかったので違いを比較してみようと思います。

[ad#ad-1]

シナールEXチュアブルの特徴。




成分が同じなのは分かりましたが、1錠あたりアスコルビン酸(ビタミンC)の量はどうなのか見てみると約167mg。シナール配合錠に比べればやや少なめです。


しかし1回2~4錠(15歳以上に飲む量。)を調節できるので、1日3回飲めば最大2000mgと必要量飲めます。


医療用のシナール配合錠だと1回3錠、1日3回までとなっているので1800mgだから市販薬のEXチュアブルの方が多く飲める?!計算になるではありませんか。


価格も確認してみます。価格ドットコムで調べると60錠入り1024円(送料込み)、300錠入り2089円(送料込み)がアマゾンで安く買えることが分かりました。

※価格は変動するので参考程度に。


シナールEX顆粒の特徴。




シナールEXチュアブル(錠剤タイプ)が粉になっただけなので、ビタミンCが1日最大量2000mgとれます。


1回1~2包(15歳以上が飲む量。)を1日3回飲みます。1包あたり1.3gなのでどうなんでしょう。


粉は飲むとむせますし、味はすっぱいらしい。特徴を見ているだけで苦手なタイプ…、あまり飲みたいとは思えませんが。


同じ量のビタミンCがとれるなら、チュアブルタイプの方を選ぶんだろうなーと思ってしまいました。


ちなみに価格を価格ドットコムで比較すると12包入り1145円(送料込み)、60包入り1831円(送料込み)がそれぞれ1番安かったです。

※価格は変動するので参考程度に。


しかしコストパフォ-マンスの点から考えると、顆粒の方が30日分で1831円だからチュアブルよりお得なのが悩むところ。


シナールLホワイト、シナールLホワイト2の特徴。




ビタミンCのアスコルビン酸以外にL-システインも入っているタイプ。


L-システインも美白や色素沈着を目指す上で大事な成分だから、シナールEXとどちらが良いのか比較するのは難しいなーと思います。


が、1日量で考えると最大でアスコルビン酸が1000mgに減ってしまう(半分の量になってしまう)点が嫌ならシナールEXの方が良いかもしれません。


シナールLホワイト、シナールLホワイト2はどちらも成分量が全く同じですが、2の方が1日2回と飲む回数が少なくて済むのがメリットに挙げられます。


しかもカロリーにまで気を使ってくれて、1錠1キロカロリーにしてあるんですって。


価格は60錠入り1667円(送料込み)、200錠入り2633円(送料込み)が1番安いみたいですね。

※価格は変動するので参考程度に。


まとめ


コストパフォーマンスの面で、シナールEX顆粒よりも安い!となると、試すなら飲む回数が少なく、お得なシナールLホワイト2が良いかもしれません。


[ad#ad-3]
[ad#ad-2]