スミルスチック3%と同じ成分の市販薬は



テープやパップなどの貼り薬だと使いにくい首などに使いやすい塗り薬、スミルスチック3%(成分名:フェルビナク)。


しかも、じかに塗れるから手を汚さないところも魅力的です。さらっとした使い心地でべた付かないのが良いので、同じ成分が入っている市販薬は売られているのか気になりました。


すると、ゼノールエクサムフェイタスチックEXがあてはまりました。


2種類の成分量、入っている成分の違い、価格など見たときにどっちが好みなのか比較してみようと思います。

[ad#ad-1]

ゼノールエクサムの特徴。



ちなみにゼノールエクサムはシリーズ化しており3種類あります。商品名は、ゼノールエクサムSX、ゼノールエクサムFX、ゼノールエクサム液ゲルです。


3種類とも、成分フェルビナクが医療用スミルスチックと同じ量入っているので効き目に大きな差はないはず。


違いと言えば、メントールの量(3g/100gあたり)が1番多いのはゼノールエクサムSX。清涼感が1番強くひんやり・涼しい感じが好みだったらSXが良いですし。


フローラルグリーンという香りがついている方が好みであれば、ゼノールエクサムFX。1番さらさらした使い心地が決め手なら、ゼノールエクサム液ゲルかしら。


使う頻度が高いから量が多い方を優先するなら、ゼノールエクサムSXが1本43gなので1番多いです。


値段で比較したいなら、ゼノールエクサムSX1本43g定価1500円(税抜き)。ゼノールエクサムFX1本32g1150円(税抜き)、ゼノールエクサム液ゲル1本32g1150円(税抜き)です。


個人的に気になっているのが、清涼感が少なくさらさら感が1番なゼノールエクサム液ゲルかな。





薬なんて使っていましたっけ?と忘れてしまうくらいの方が好みなので。


フェイタスチックEXの特徴。




こちらの薬も、成分フェルビナクの量がスミルスチックと同じ量でした。


効き目自体が変わらないなら、他に何が違うのかというとゼノールエクサムSXよりもさらに清涼感が強いところ。メントールが6g/100gあたり入っています。


量も多くて、1本53g1750円(税抜き)です。


暑い夏の時期に使うから、すっきりひんやり感が欲しい!と思うのであれば、フェイタスチックEXが1番良さげなのでは。


[ad#ad-3]
[ad#ad-2]