アズノール軟膏と同じ成分の市販薬は



甥っ子がおむつかぶれをしたときに使っていたアズノール軟膏(成分名:アズレンスルホン酸ナトリウム)。


色が青色という見た目が珍しかったので記憶に残っています。比較的優しめの効き目だから、小さい子供にも安心して使えるのが強みなんだそうで。


しかも同じ成分でありながら、うがい液としても使われているのを知っていたので、肌だけでなく喉にも効くんだなと用途の広さに驚いています。


発売されてから、けっこう年月が経っているのから考えるに市販薬が売られているんじゃないか?と思い、調べてみました。


すると2種類サトウ口内軟膏とトラフル軟膏があてはまりました。同じ成分の薬です。


医療用アズノール軟膏と違いはあるのか?気になったので調べてみました。


まずアズノール軟膏の成分がアズレンスルホン酸ナトリウム0.033%なのと比べると、サトウ口内軟膏、トラフル軟膏は0.02%だから効き目としては若干優しめ


しかもなぜか塗る場所は口の中のみ!医療用のアズノール軟膏は肌に塗るものというイメージが強いせいか、市販薬になると口内炎や舌炎だけなんて不思議ですね。


メインの成分以外に入っているもので違いはあるのか見てみると、腫れや痛みに効く成分やら殺菌作用で口の中を清潔にする成分は共通しているものの、傷を治すスピードを早める成分アラントインがトラフル軟膏のみに入っています。


ということは、トラフル軟膏の方が効き目は良いのかも?


けれど、成分の種類が多いと価格もその分高くなるわけで。トラフル軟膏は6g900円(税抜き)、サトウ口内軟膏は8g777円(税抜き)です。


効き目を優先するか価格を優先するかを考えると、個人的に効き目を優先したいのでトラフル軟膏を使おうと思いました。





[ad#ad-3]
[ad#ad-2]