コーラを飲むと歯や骨は溶けるんですか?

コーラ

コーラを飲んで、脂肪の吸収を抑え体の外に出しやすくする。


特保(トクホ)として認められ、健康に良いとお墨付きをもらえている
メッツコーラは爆発的な人気がありますね。


コーラのイメージは、砂糖がたっぷり入っているから健康には良いと言えず。


メタボ体型だったり、食事に気をつけないといけない場合
飲むのはさけるべきだと思っていたのですが。


そんなマイナスイメージがあるコーラが
健康に良いと言われる時代になるなんて不思議だなぁと思います。


というわけで今回は、歯や骨がコーラを飲むことで溶けるのかどうか
知っていきたいなと思ったので調べることに。

[ad#ad-1]

コーラを飲むと歯は溶ける?

溶ける

結論から言えば、溶けないです


その理由を考えてみると…


炭酸の「酸」は弱い。


酸として弱いと言われても、どれくらい弱いのかイメージしにくいので
比較するものをもってくるとレモンより酸が弱いです。


むしろ、歯や骨をつけておくことで溶ける清涼飲料水は
酸味料にリン酸やクエン酸、リンゴ酸などが入っているもの。


これだと、PHが2.5~3.5の酸性で
口に入れてみると味がすっぱく感じる特徴があるようで。


まぁ、すっぱさが強いほど酸の働きも大きくなるので溶かす力が大きくなる。
とは言いつつも、そもそも入っている量が少ないからなぁ。


清涼飲料水を飲むと歯が溶けるのか?


というと、溶けません


たしかに、直接歯にあたるので不安に感じるかもしれませんが
口の中でだ液が、酸を弱めてくれるので問題ありません。


コーラを飲むと骨は溶ける?


体に清涼飲料水が入ったら溶けるのか?と気になる前に
忘れてはならないのが胃酸の存在です。


胃酸は塩酸が含まれているんですけど
清涼飲料水の酸に比べて、とても強い酸として知られています。


しかも、1日に1~2Lも出ているので
もし清涼飲料水の酸で体の中の骨が溶けるレベルであれば
胃酸で骨が溶けてしまっているはずです。


そう考えると、コーラくらいの酸では骨は溶けないです
つまり、都市伝説のようなものだったのですね。


[ad#ad-3]