日本手ぬぐいの使い道~新品から古くなるまで~

手ぬぐい

手ぬぐいの使い道って、けっこう迷うことが多いんですよねぇ。


最近の手ぬぐいはデザインの種類がとっても豊富。
なので、自分で買ってみたり、もらったりすることが多いのですが。


初めてもらったとき何に使ったら良いんだ…?と困り果てた記憶があり
だいたいは、ハンカチやプレゼントを包むときに使ってました。


でもそれって実は使いこなせていないのでは…?と感じたので
お役に立ちそうな使い道を書こうかなと思います。

[ad#ad-1]

新品からくたびれた手ぬぐいまで使い道まとめ

まとめ

➀ まず、新品はハンカチとして使い始め。

➁ くたびれてきたら、食器をふくふきんとして使うか手ぬぐいとして使い。

➂ 使い込んできたら、今度はホコリよけのカバーとして使いましょ。

⓸ 穴があいたり、少しやぶれてしまったらはたきとして。
  または、ぞうきんとして使い終わったら捨てます。


ハンカチの使い道をもう少し具体的に知る。


手ぬぐいといえば、大きいサイズがメリットなので


・ ベンチなどのイスに座るときに、さっと敷いてみる

・ 食べ物を食べるときに、ひざにかける

・ 雨の日に服が濡れたとき、さっとふく

・ 首にまくものとしても使えます。
  夏は汗をすうために、クーラーの寒さよけに、日焼け対策にも。


カバーの使い道をもう少し具体的に知る。


・ おかしや野菜、果物など冷蔵庫に入れずテーブルに置いておきたい場合
  ホコリよけや目隠しとして使ってみる。

・ 洗い終わった食器にかけて、水分をとる。

・ パソコンやシーズンオフのストーブ・扇風機にかける。
  電子機器類のホコリよけするだけでなく、見た目もかわいらしい。


その他、気になる使い道


何枚かくっつけて使ってみるのもありかも。


・ カーテンやのれんとしてつっぱり棒やフックを使って固定する。

・ ベット、ソファーのカバーとして使う。

・ テーブルクロスとして。
  汚れても、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるので意外と便利です。


まとめ


ほんの少し、身の回りのことに気を使うだけで人生は豊かになるはず。
手ぬぐいってそういうときに役立つからステキです。


[ad#ad-3]