5c4a0a3bed7a9dbd7241c2531472e14c_s


寒い日が続きます。



雪の多い北国は、除雪が大変でしょうね。



それを逆手にとり、観光の目玉として
地域を活性化させる試みがあることを知りました。



●北海道、秋田県では、雪かき選手権

●広島県では、雪の家づくりの速さや美しさを競う大会



雪の降らない地域の人からすると
雪は神秘的で、きれいなイメージがあります。



他の地域の視点から見て、弱みを強みに変えられる試みは
おもしろいことだと思いました。



さっぽろ雪まつりも、同じ発想なのかなと考え始めると
興味深いものですね。



●●●



さて、今年もさっぽろ雪まつりが始まります。



もう65回目をむかえます。



会期

平成27年2月5日(木)から2月11日(水・祝)の7日間開催


会場

大通会場
大通公園西1丁目から西12丁目まで


つどーむ会場
札幌市スポーツ交流施設 「つどーむ」


すすきの会場
南4条通りから南6条通りまでの駅前通り



●●●



はじまりは大通公園西7丁目に市内の中学、高校生によって
雪像6基が制作された、とあります。



小さい規模から始まり、今では世界中から観光客が訪れる
札幌の冬の一大イベントとなっていますね。



そんな雪まつりを楽しむためには
靴選びに注意しましょう。



雪が固まってツルツルした道を歩くのは
慣れていない人にとって危険なことです。



寒い北国で使える冬靴といえば


●靴底が滑りにくい

●濡れても靴の中までしみこまない

●靴の中の保温性が高い

●裏面に溝を切ってある





↑ソレルのグレイシーなんてどうでしょうか。



その他に、今もっている靴の上から装着する
滑り止めを購入して使ってもいいと思います。



滑り止め500円くらいで駅の売店に売っています。



●●●



それから服装について


長時間、外を歩くことになるので
シャツ・セーター・外套の3枚重ねくらいがいいでしょう。



外套はオーバーまたは、スキージャンバーのような
本格的なものが良いです。



帽子や耳あて、手袋もつけて寒さ対策をしましょう。