結婚祝い金

お祝い金の相場といえば
相手との関係、付き合いの深さ、自分の立場によって変わるので
包むお金がそれぞれ違ってきます。


建前では、お祝い金の相場はないと言われているため
周りの空気を読んで決めなければいけません。


披露宴の食事代お祝いの気持ちから考えることが一般的。


とはいいつつ、相場は周りの方たちから聞くことができますし
本を読んで知ることもできます。


つまり、当たり前のように情報が出回っています。
さて、そうなると相場はいくらになるのでしょうか。

スポンサーリンク

自分が20~30代だったらどれくらいおくるのが相場?

相場

職場の同僚や友だちには2~3万円包むと良いです。
基本的には、3万円を渡す方が無難ですね。


なぜかというと、奇数(9は除く)は昔から
おめでたい数として親しまれているからです。

※ただし、9はを連想させるので縁起が良くない。


そのほかに、偶数だと数字が割り切れるため
縁起が良くないと考えられています。


しかし、最近では少し考え方が変わってきているようで
2はペアと考えて、気にせず2万円を贈る方もいます。


もし気になるのであれば
1万円札1枚と、5千円札2枚にして贈ってみるのもありかも。


ちなみに、夫婦で出席する場合


お祝い金は2人分包みましょう。
1人2万円として、合わせて4万円と考える方がいるかもしれません。


しかし、4はを連想させる数字なのでやめましょう。
縁起が良くないです。


そうなると、相場は3万円か5万円


3万円はさすがに少ないのでは…?と思うので
事前に1万円くらいの品物を贈ってみてはいかがでしょう。


品物を事前に贈りたいときは


1週間くらい前に届くようにします。


贈り物には、タブーとされているものがありました。


・ 喪をイメージさせる黒い色のもの
・ 別れをイメージさせる刃物(縁切り)や陶器・ガラス・鏡など(壊れる)


しかし、こちらも最近では相手に欲しがるものを渡すことが
大切だと考えている方が多いです。


なので、タブーを気にせず
相手の好みにあわせて贈り物を選んでも大丈夫です。


スポンサーリンク