通夜告別式

お葬式は亡くなった方とお別れをするための場所なので
服装は、きちんとした失礼のないもので出席したいですね。


というわけで、

・ 通夜と告別式は喪服でいいのか?
・ あとは、服装の注意点も書いていおこうと思います。


通夜と告別式は喪服でいいの?


さて、一般的に通夜は喪服を着ていくと「あらかじめ用意していた?」と思われ
避けるべきという考え方がありました。


が、最近では通夜であっても喪服を着ることが多くなっています。


男性ではブラックスーツ、女性はブラックフォーマルが基本スタイル。


実際に「知らせを聞いて駆けつける」方もいると思うので
黒、紺、グレーなど地味な色のスーツでも問題なし。


ただし男性の場合、靴と靴下は黒色
ネクタイは黒かグレーなどの地味な色に変えます。


告別式の服装チェック

男性の場合


ブラックスーツに白無地のワイシャツ。
ネクタイ、靴、靴下は黒色で統一します。


ちなみにブラックスーツは、シングルでもダブルでもどちらでも大丈夫。


靴は、革素材でネクタイピンはつけません。


女性の場合


光沢のない黒のスーツやワンピースなどブラックフォーマルで統一。
ただしスカートの場合、膝が隠れる丈にしましょう。


半袖はさけて長袖を着ること。


小物に関する注意点
知識

・ アクセサリーは

全くつけないかパールやオニキスなど
一連のネックレスとイヤリングをつけますが
一連であっても淡水のパールはカジュアルに見えるため避けたほうが無難。


ただし、不幸を連想させる二連のものは避けること。


・ カバンは

小さいサイズで金具など派手な飾りがついていない
黒の布製か光沢のない革製が良いです。


・ 靴は

飾りのついていないシンプルな黒を選び
かかとが出ているバックストラップのパンプスは避けてること。


・ ストッキングは

黒かベージュで。


・ その他

傘だと、黒か透明なビニール傘。ハンカチは白か黒色。


まとめ


基本を抑えて準備しておけば突然のときでも慌てずに準備できますね。


通夜と告別式の服装は黒色なら何でもいいの?では
さらに詳しく書いてるので参考にどうぞ。


スポンサーリンク