引っ越し

今まで引越しを3回した経験があるんですけど
あいさつの仕方・粗品の選び方を知っておくのは大切だなーと思ったんです。


ご近所さんと今後おつき合いする、助け合う第一歩として
最低限の礼儀は尽くしておかないとこじれたときに大変かなと。


というわけで、メモとしてこちらの記事に残しておきます。

スポンサーリンク

引越し先の挨拶はどんな感じ?

挨拶

引越し当日は、トラックの出入りや荷物を入れる作業があるので
近所の皆さんに迷惑をかけやすくなります。


なので、引越しに1度「当日はご迷惑をおかけしますが」と
挨拶に行くことが一般的です。


ただ、作業が忙しくて当日にしか挨拶できないようであれば
引越し作業が終わった後に

その日のうちか、遅くとも1週間以内済ませることが大切。


1人暮らしであれば本人のみの挨拶で済みますが
家族一緒に暮らすのであれば、家族全員で行きましょう。


小さなお子さんがいる場合「お騒がせするかもしれませんが」と
先に話しておくと、その後のお付き合いがスムーズにいきやすいです。


近所への挨拶はどの範囲まで?


・ 一軒家の場合、三軒両隣裏の家

・ マンション・アパートなど集合住宅の場合、両隣上下階
  1階に住むのであれば、両隣同じ階段を使う家


が基本になりますので、参考にどうぞ。


挨拶をするときに渡す品物は?


500~1000円くらいを目安に選びます。
渡す品物で定番なのがタオルや石けん入浴剤、クッキーなど日持ちするお菓子





↑画像のような、紅白蝶結びのの紙を使って包みます。
蝶々結びの上には御挨拶と書き、その下には姓のみを書きます。


引越し前の挨拶も大切です。


今までお世話になった方へ、挨拶に行きましょう。
挨拶は3日前から前日に済ませます。


特に親しくしていた方には
1000円程度の品物と引越し先の住所と連絡先をあわせて渡すといいです。


さらに引越し後、あらためて挨拶の手紙を送ると丁寧ですね。


まぁ、ここまで丁寧に挨拶するのは
よっぽどお世話になった人でないとしませんが。


知り合いや友だちに引越しの手伝いをしてもらったときの対応も


引越しが終わった後に

・ 新居で食事をふるまうことでお礼とするか
・ お礼を送りたいのであれば
  3000~5000円のお金を包むかギフト券を渡します。


スポンサーリンク