台風熱帯低気圧温帯低気圧

台風と熱帯低気圧・温帯低気圧という言葉を
天気予報でよく目にしますが違いが良く分からないなぁと思います。


言葉そのものを見てもどれが何なのか見分けがつきにくいですし。


さらに、台風から熱帯低気圧に変わったり
温帯低気圧に変わったりすることがあるようで。


変わると台風のように激しい雨や風がないんだなーくらいで
詳しいことはさっぱり。


なので今回は、それぞれの意味と関わりについて調べてみましたよ。

スポンサーリンク

台風と熱帯低気圧・温帯低気圧の意味とは

台風熱帯低気圧温帯低気圧

台風とは


・ 暖かい空気のかたまりだけで出来ており
・ 風速が17.2m/秒以上のもの


熱帯低気圧は


台風と似ていて

・ 暖かい空気のかたまりだけで出来ており
・ 風速が17.2m/秒未満のもの


温帯低気圧


台風・熱帯低気圧とは違って
暖かい空気と冷たい空気がぶつかることで出来るもの。


まとめてみると


台風・熱帯低気圧・温帯低気圧はすべて低気圧
台風は、熱帯低気圧の一種です。


台風ほど発達していないものを熱帯低気圧といい
温帯低気圧は、それ以外のものと考えることができます。


台風が、熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるとどうなるのか


台風の消滅を意味します。


激しい雨や風がなくなるっていう考え方は間違いなかったので
どうやって消滅していくのか見てみましょう。


台風から熱帯低気圧に変わる場合


台風を作るためには、たくさんの水蒸気が必要になりますが
海水の温度が低い難しくなります。


水蒸気が少なくなる

(積乱)雲が出来にくくなる

風が弱まってしまう


風速が17.2m/秒未満になるので熱帯低気圧に変わっていきます。


台風から温帯低気圧に変わる場合


暖かい空気のかたまりでできている台風が
冷たい空気にさらされると弱まってきます。


正確にいうと、台風の中心が冷やされることで弱まり
温帯低気圧に変わっていきます。


スポンサーリンク