高気圧低気圧

高気圧がくれば晴れで、低気圧がくれば雨がふる。
そんな漠然としたイメージですが実際のところはどうなのでしょう。


天気予報を見て意味が分かるようになるため調べてみることにしました。


まず基本的なところで気圧とは何なのかというと
空気の重さによって起こる圧力のことをいいます。


空気に重さがあるなんて普段の生活で感じる機会はなさそうですけど。


実際に空気の重さがどうやって決まるのかというと
温度と湿度に影響されます。


温度が高いほど、水蒸気を多く含むことが出来るので
空気は重くなります。


逆に、温度が低いと水蒸気が少ないので
空気は軽くなる特徴をもっています。


この特徴を理解したうえで、次につなげましょう。


さて、周りの気圧と比べて高いのか低いのかで高気圧と低気圧は決まります。


高気圧周りに比べて気圧が高いこと。


下降気流という、空気が下に下がろうとする働きにより
空気を押しだす力が強くなることでおこります。


気圧が高くなれば、温度が上がるので水蒸気を多く含むことができます。


水蒸気を多く含めると、雲が出来にくくなります。


雨が降るために必要な雲が出来にくいので
結果として、晴れの日が多くなります


反対に低気圧とは、周りに比べて気圧が低いこと。


上昇気流という、空気が上に上がろうとする働きで
空気を押し出す力が弱くなり、おこります。


気圧が低くなると、上にのぼっていく空気は冷やされ温度が下がります。


温度が下がると、水蒸気が多く含めないので雲が出来やすくなります。


雨が降るために必要な雲が出来るので
結果として、雨の日が多くなります。


一般的には、高気圧がくると晴れで低気圧がくると雨になります。


しかし、高気圧の周りに雲が多かったりすると
曇りや雨になってしまうこともあります。


例外もあるので、注意しましょう。


スポンサーリンク