お香の使い方~スティック(棒)・コーン・うずまき型の場合~

お香 使い方

お香の使い方でよく目にする形はスティック(棒)なのでは。


慣れてくると、コーンやうずまき型を使う人が増えてくるので
3種類の特徴と使い方をまとめてみましたよ。

[ad#ad-1]

スティック(棒)の特徴と使い方



スティック(棒)の特徴


お香の中で、一番メジャーな形です。


メジャーな形ということで香りの種類が豊富
例えば、香木系・フルーツ系・お花などがあります。


長さが7センチのものだと10分くらいで燃えるのですが
途中で、燃やす時間を調節したいときは折って使えるので便利です。


スティック(棒)の使い方


スティックの先に火をつけてある程度燃えたら消します
火を消してから、煙が出ていれば香りが出ます。


ちなみに、香立てを使うため灰が飛び散りやすいので注意を。


コーンの特徴と使い方



コーンの特徴


火が下に行くほど燃える量も増えるので香りが強くなります。
だいたい高さ2センチで、20分くらいを目安に燃やせるもの。


短時間で強く香らせたいときにおすすめ。
灰が散らばりにくい形をしているので部屋の中で使いやすいです。


コーンの使い方


三角形のとがった先に火をつけます。


下まで燃えるとかなりの熱をもちます。
すると、やけどや火事の原因になるので↓不燃性の香台を使います。





うずまき型の特徴と使い方



うずまき型の特徴


蚊取り線香で使われているのと同じ形です。


大きさによって燃える時間は変わってきますが30分~120分と長め
リビングなどの広い部屋に使うことが多いよう。


燃やす時間を短くすることができ
金属製のクリップを燃えている部分の下にはさむと火が消えます。


うずまき型の使い方


蚊取り線香に火をつけるのと同じ感じで
外側の先に火をつけて燃やしていきます。


まとめ


使いやすい用途に合わせて選ぶための参考にしていただければ。


[ad#ad-3]