和食では、天ぷら、寿司、刺身、焼き魚など
いろいろな料理を楽しむことが出来ます。



料理ごとに食べ方のポイントがあるので
知っておくと便利です。



一緒に食べている相手に不快感を与えないように
また、楽しく食べられるように
最低限のマナーを知っておきましょう。



●●●



天ぷらを食べるときのマナー


熱いうちに、薬味をといたつゆに
軽くくぐらせて食べます。



このときに


箸で切れるものは、ひと口大にして食べます。


切れないものは、懐紙で口を隠しながら食べますが
食べかけを器に戻してはいけませんので注意を。



さて、ここで気になるのが
口を隠すために使う懐紙だと思うのですが
洋食で使われるナプキンと似たようなものです。



↓こちらが、懐紙です。





使い方はナプキンと同じように
口や手、さらに箸先をふくために使います。



その他、食べ物をかみきるとき
小骨を出すときに口元を隠せるので便利。



また、和食では手のひらを
受け皿のように使うのはマナー違反なので
そういったときにも懐紙を使います。



懐紙を半分に折って折り目を手前に持ち
受け皿の代わりにします。



ネット通販や、デパートのキッチン売り場などで買えるので
持っておくと便利ですね。



●●●



寿司を食べるときのマナー


気軽な席では、手で食べて問題ありませんが
改まった席では、箸を使って食べます。



しょうゆは、ネタの方につけます。



逆にネタの上にしょうゆをかけるのは
マナー違反なので注意しましょう。



●●●



刺身を食べるときのマナー


盛り付けを崩さないようにするため
端の方からとります



わさびは、刺身にのせてもいいですし
しょうゆにとかしても大丈夫です。



食べるときには、しょうゆがたれないように
つけ皿をもちます。



●●●



焼き魚を食べるときのマナー


基本的に、むかって左側から
ほぐして食べていきます。



ですが、頭や尾がついている場合には
頭から尾に向かって食べます。



小骨や皮などは皿の端に寄せておくと
見苦しくないです。



表側の身を食べたら、中骨を箸ではずして
裏側の身を食べます。



魚をひっくり返してから
裏側の身を食べるのは避けましょうね。



●●●



少しでも参考になればと思います。