天気予報で使う「一時」「時々」「のち」って何が違うの?

天気

今年の夏は、激しい雨の降る日が多かったですね。天気予報を見て憂鬱な気分になることが多かったなーと思います。


で、天気予報でよく使われる

・ 曇り一時雨とか
・ 曇り時々雨とか
・ 曇りのち雨なんていう言葉を


聞く機会が多かったのですが、一体どれくらいの雨が降るのか正直分かりませんでした…。なので、今回はその違いについてまとめてみたいと思います。

[ad#ad-1]

「一時」「時々」「のち」の違い

一時とは


現象が連続的に起こり、発生時間が予報期間の4分の4未満。※連続的とは、現象の切れ間がだいたい1時間未満


時々とは


現象が断続的に起こり、発生時間が予報時間の2分の1未満。※断続的とは、現象の切れ間がだいたい1時間以上


・ 例に挙げて「時々」と「一時」の違いを見ると。


曇りから雨になるときを例にすると、まず共通しているのは確認してみると曇りがメインの天気。そして、雨が降ったりやんだりしています。


違っているところだと1日24時間のうちに降る雨の時間です。時々の方は雨が降る時間が長くて、一時短いことが分かります。


もう少し詳しく言うと、

・ 時々は、1日合計で12時間未満の雨が降り
・ 一時は、1日合計で6時間未満の雨が降るというわけです。


のちについて


予報期間の前半と後半で現象が違っています。曇り「のち」雨で考えてみると、午前中は曇りで午後は雨が降るという意味です。


[ad#ad-3]