子どもの熱が上がったり下がったりする時の対処法

子どもの熱

小さい子どもは大人と違って体温の調節がうまくコントロールできない…。
なので、かぜ以外にもストレスで球に熱が上がってしまうことがあります。


そこで今回は、熱がでたときに
自宅でお母さんやお父さんが出来る対処法をメモしておきます。

[ad#ad-1]

体温の調節をしてあげる方法

体温調節

ただ、実際のところ熱が高くなるといっても
熱が上がり始めているときと、熱が上がりきっているときで
体温の調節の仕方が違ってきます。


かんたんにできる方法は
服やふとんを使って、体の外から体温を調節してあげることです。


熱が上がり始めている場合


手足が冷えて、悪寒がする、寒がる症状が出たら
熱が上がり始めているサインです。


そのときは厚着にさせたり、毛布でくるんであげることで
手足や体を温める必要があります。


熱が上がりきった場合


手足が暑くなり、汗をかく、顔が赤くなる症状が出たら
熱が上がりきったサインと思いましょう。


そのときは、汗でぬれた服を取りかえて薄着にし毛布は外してあげます。


冷却シートもヒンヤリして気持ちよく感じるなら
おでこにつけてあげるのもいいかも。


また、たくさん汗をかくと体に水分が足りなくなるので
こまめに水分を取ることが大切です。


で、なるべく体力を消耗させないため
暑くならないように調節してあげた方が良いです。


高熱のときはお風呂に入れて良いのか?


高熱があるときは、お風呂に入れると
体力を消耗するので良くないイメージがあります。


しかし、お風呂はぬるめのお湯
さっと入る程度であればかまいません。


高熱が出ていても、ぐったりしていない元気な様子であれば
体をキレイにするために入ることができます。


ちなみに、熱いお湯につかると
体温が一気に上がることがあるので注意して下さいね。


ただ、お風呂に入れることに不安を感じるのであれば
シャワーをさっと流す方法もあります。


様子を見ながら試してみましょう。


[ad#ad-3]