タイツ

わたしってとても寒がりなもので
気温が20度を下回ると外に出るのがしんどくなるんです。


それでも出かけなければいけないとき、寒さ対策として
パンツ(ズボン)の下にタイツをはくようにしています。


しかし、パンツとタイツの組み合わせって
下半身の太さを気にしている人(わたしも含む)からすると
結構難しい組み合わせだなと思います。


タイツの生地やデザイン選びがうまくいかないと
実際より足が太く見えてしまうのが悩むところ。


そういうわけで、今回はどんなタイツが脚やせに見えるのか
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

まず、足のラインがキレイに見えるボーイフレンドデニムとは



おしりから太もものラインにゆとりがあるので、キレイに見せてくれます。


で、色はインディゴブルーを選ぶこと。
色の濃い青は、足を引き締めて見せてくれますので。


さらに、足首を見せると足が細く見えるので
パンツのすそは2~3回まいておきましょう。


ここから、すそをまいたときに見える足首をカバーするタイツの柄を紹介します。


では、どんなタイツがいいのかというと

アーガイル(ダイヤ)柄のタイツ



サイドにだけ柄が入っているタイツ



ヘリンボーン柄も良いです



無地だったらチャコールグレー



まとめ


足のラインを強調しないように小さめの柄を選んだ方が良いです。


さらに、どの服を着てもなじむ色・肌がきれいに見える色は
どれかなぁと考えると↑の4つが便利だと思います。


柄の特徴をつかめれば似た系統も探してみるといいかも。
いろいろな柄のタイツが楽しむとおしゃれの幅が広がりそうです。


スポンサーリンク