胃腸炎の薬にはどんな種類があるの?

薬

胃腸炎というくくりはあっても、症状は人それぞれ。


なので、症状ごとに良いんじゃないかしらと思う
お薬をまとめてみましたよ。

胃腸炎の薬を症状から選ぶなら


・ 食欲がない
・ 気持ち悪い、胸やけ
・ 吐き気
・ 胃が重い、胃のもたれ
・ 胃が刺すように痛い
・ 下痢または、真逆の便秘

の順番で紹介しています。


食欲がないとき

疲れ果てて食欲がないなら栄養補給も兼ねて飲めるドリンク。


・ ユンケルローヤルF



気持ち悪い、胸やけがあるとき

水なしで飲めるところがお気に入りのチュアブル。


・ 太田胃散 チュアブルNEO



吐き気があるとき

でもね、ノロウイルスとかが原因の感染症胃腸炎には
あまり使わない方が良いと思うんですよ。


体の中にいるウイルスを外に出そうと頑張っているのに
無理やり止めちゃうと悪化するかもしれないので心配。


ストレスが原因の胃腸炎なら飲んどきます。


・ ブスコパンA錠



胃が重い、胃のもたれがあるとき

子どものころからお世話になっている粉タイプ。


これを飲むだけで胃もたれは大丈夫という
飲みなれている安心感から胃もたれのときに大活躍。


・ 大正漢方胃腸薬



胃が刺すように痛いとき

病院に行ってお医者さんから処方せんを出してもらわないと
買えなかった胃薬なんですよねー。


なので、けっこう効き目があると期待してます。


・ ガスター10



下痢または、真逆の便秘

ビオフェルミンSの進化形のようです。


便秘用、下痢用でそれぞれ使い分けができますね。


・ ビオフェルミン便秘薬



・ ビオフェルミン下痢止め