感染性胃腸炎

吐いたり、下痢したり苦しむことになる感染性胃腸炎。


原因や感染経路、出席停止はどうやって決めるのか
まとめたので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

感染症胃腸炎と言っても原因はいろいろ

知識

つまり、原因菌は1種類だけじゃないってことです。


ウイルスや細菌が原因で発症するので種類はいくつかありますが
ニュースでよく話題になるのは、ノロウイルス


給食や旅館で出た食事、お弁当を食べたところ感染。
(生魚だけが原因かと思いきや、パンでも感染例が!)


そして、感染した人が吐いたり下痢をすると
周りにいる人も一緒に感染するタイプなので

爆発的に流行するウイルスとして有名です。


学校で起きた場合には学級閉鎖だってありえるレベルです。


で、出席停止になるの?

出席停止

ニュースでも話題になるくらい流行するんだから
出席停止になるんじゃないの?と調べてみました。


学校保健安全法を読んでみたのですが
あれ?感染性胃腸炎は書かれていない?とよーく読んでみたところ


どうやら第1~3種に分類されるうち
第3種の中のにあるその他の感染症に当てはまるようです。


出席停止の判断については
学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで」とあるので
出席停止になる可能性がありますね。


なので、ものすごく吐いてしまったり下痢がある場合には
近所のお医者さんにかかってうちの子、出席停止になります?と聞きましょう。


もし、出席停止扱いになるなら診断書を出してくれるので
学校に届ける必要があります。


ちなみに、休む期間はインフルエンザのように決まってないので
何日休んだら良いのかも合わせて聞いた方が良いですよ。


逆に、問題ないなと判断されれば
出席停止にならないこともあるのだとか。


まとめ

というわけで、出席停止かどうかは
お医者さんが判断するので病院に行って聞くと良いでしょう。


スポンサーリンク