コーヒーを飲むと口臭になる原因と対策

コーヒー

コーヒーを飲むとどうして口臭が強くなるんでしょうね。


とくにタバコも好きだって方の口臭はすごすぎて、できれば近づきたくないと思ってしまいます。


そこで今回は、コーヒーを飲むことで起こる口臭の原因を3つと口臭の対策を3つをまとめることにしましたよ。


コーヒーを飲むと口臭になる原因

だ液が減るから


コーヒーに入っているカフェインは、トイレの回数を増やす(利尿作用)があります。さらに、だ液を減らしてしまうので口の中にいる口臭の原因菌を増やすことに。


舌にくっつくから


コーヒーの成分(エチルフェノール)が、舌のコケにくっついたのを放っておくと口臭の原因に。


胃に負担をかけるから


コーヒーは、胃酸を出しやすくするので、胃を荒らす原因になります。すると、口臭が出るのはもちろんのこと、胃が痛くなったり、気持ち悪くなることがあります。


コーヒーを飲んだ後の口臭対策

水を飲む


口の中に残っているコーヒーの成分を洗い流すのと、だ液が減ることで起こる口臭の原因菌を増やさないようにする。

→ ミネラルウォーターで口の中をキレイにしたり。


舌をみがく


水では十分に洗い流せないかもしれないので、舌をみがいてコーヒーの成分をかき出す。

→ 携帯用マウスウォッシュを外出中にさっと使ったり。


ガムをかむ


ガムをかんでだ液を出すことで口臭を弱める。

→ GUM(ガム)ハーブミント味でさわやかな息の香りにするとか。


[ad#ad-3]