食べ物アレルギーの対処法まとめ

食べ物アレルギー

食べ物アレルギーの種類って本当に多くて
鶏卵、牛乳、大豆アレルギーといったメジャーなものから
さくらんぼなどのマイナーな果物アレルギーまで。


そんな中、

・ 食べ物アレルギーになったときの対処法
・ 鶏卵、牛乳、大豆アレルギーに代わる食べ物2つにをまとめてみました。

[ad#ad-1]

食べ物アレルギーになったときの対処法

アレルギー 対処

アレルギーのもとになるもの(アレルゲン)を食べると
アレルギー症状が出るなら、やめたら良いんじゃないか?という
シンプルな考えでいくと。


アレルゲンを完全に除去


アレルゲンのもとになるたんぱく質を除去し、別のものに変えること。


例えば、牛乳アレルギーの赤ちゃんがミルクを飲めない場合
→ エレメンタルフォーミュラーを飲む方法があります。


アレルゲンとなる食べものを加工するかチェンジする


アレルゲンに熱を加えたり代わりになる食べ物へチェンジ。


例えば、鶏卵アレルギーの場合
ゆで卵にしたり魚卵に変える方法があります。


アレルゲンを一定間隔で食べる


例えば、6日に1回アレルゲンをとることで徐々に体になじませていく


鶏卵、牛乳、大豆アレルギーに代わる食べ物

鶏卵牛乳大豆アレルギー

鶏卵アレルギーの場合


マヨネーズ・揚げ物・プリン・アイスクリーム・カステラなどのお菓子類や
かまぼこ・はんぺんなどつなぎとして使われる卵。


スープの素・ウィンナー・ハムなどのお肉。


これらが食べられないとき何に代わるのかというと


・ 魚、豚、牛、大豆製品
・ 鶏卵を使っていないお菓子

→ レシピを発見したので、こちらのサイトからどうぞ


牛乳アレルギーの場合


ヨーグルト・乳飲料・バター・チーズなどの乳製品や
分かりにくいマーガリン・インスタントのカレールーなんかも注意。


場合によっては、牛肉もやめておいた方が良い。


さて、代わる食べ物でカルシウムを補うなら


・ 海藻(ひじき、ワカメなど)
・ 魚(しらすぼし、わかさぎなど)
・ 小松菜
・ 大豆製品

→ レシピを発見したので、こちらのサイトからどうぞ


大豆アレルギーの場合


大豆を使ったしょうゆ・ミソ・油。


これらに代わる調味料をあげると


・ しょうゆの代わり → 小麦粉、魚、ひえ、あわから作ったしょうゆ
・ ミソの代わり → 大麦ミソ
・ 油の代わり → 米、コーン、なたね、パームから作った油


[ad#ad-3]