ビタミンKとカリウム(K)の違い

ビタミンK K

ビタミンKとカリウム(K)って両方Kがついているので、違いが分からなくなるときがあるんですよねぇ。


なので、両方並べて見比べてみることにしましたよ。

[ad#ad-1]

ビタミンKとは



分類

・ 脂溶性ビタミン(別名:フェロキノン、メナキノン)

漢字の通り、油に溶けやすいビタミンのこと。たくさん取り込むと体に良くない(貧血などが起こる)ので注意。


働き

・ 止血に役立つ。→ 鼻血が出たときに止めたり、あざができても治りやすくなる。
・ 骨を強くする。
・ 血管が硬くならないようにする。


目安量

12才以上:およそ150μg/日


食べ物の例



150μgをとるなら、納豆25g(およそ大さじ2杯)ほうれん草1株(およそ50g)


ビタミンKをとるなら納豆だと少ない量で足りますね。和食中心の生活をしていると自然にとれるよう。


納豆のレシピは、クックパッドから。
ほうれん草のレシピは、クックパッドから。


補給した方が良い人

・ 内出血しやすい→ 例えば、あざができやすい人


・ 抗生物質を飲んでいる→ ビタミンKを作ってくれる腸内の菌を抗生剤が殺してしまうので、食べ物から補うと良いでしょう。


・ 授乳中→ 赤ちゃんへ十分なビタミンKが不足すると頭蓋内出血の原因になるので注意。ただし、病院から赤ちゃんへビタミンKが補給できる薬がでており、あまり神経質にある必要はないかも。


カリウム(K)とは



分類

・ ミネラル

人の体の中で作れないので食べ物から補う必要があるもの。


働き

・ 神経や筋肉の機能を正常に保つ。→ 体を動かすときに必要なのはもちろんのこと、健康でいるためになくてはならないもの。


・ 細胞内外のミネラルバランスを維持する。→ 例えば、心臓が正常に働く(脈が乱れたりしないとか)ことや腸が正常に働く(吐き気・下痢がないとか)ことにも。血圧が正常に働く(高血圧、低血圧にならない)とか。


目安量


男性(大人):2500㎎/日、女性(大人):2000㎎/日


食べ物の例



2000㎎とるなら、乾いたあずき130gバナナ約4本


あずきのレシピは、クックパッドから。
バナナのレシピは、クックパッドから。


補給した方が良い人


長期の下痢利尿剤を飲んでいる授乳中


参考文献 : 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」


[ad#ad-3]